宮城のニュース

<川崎町長選>前町長の佐藤氏出馬へ

佐藤昭光氏

 任期満了に伴う川崎町長選(30日告示、8月4日投票)で、前町長の町議佐藤昭光氏(71)が20日、河北新報社の取材に、通算3期目を目指して無所属で立候補する意向を明らかにした。
 佐藤氏は「現町政は情報公開の姿勢に問題があり、職員の人材活用でも偏りが見られる。町の将来のためにも無投票で終わらせてはいけないと考えた」と話した。政策では若者を定着させるため、企業誘致に全力を挙げる考えを示した。
 佐藤氏は川崎町出身、立教大卒。読売新聞記者などを経て1995年の町長選で初当選したが、99年の選挙で落選。2007年に返り咲きを果たしたものの、11年に当時新人の小山修作氏(61)に敗れた。16年の町議選で初当選した。
 同町長選には、現職の小山氏が3選を目指して立候補を表明している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年07月21日日曜日


先頭に戻る