宮城のニュース

「詐欺にご用心」楽天生命パーク宮城で呼び掛け 仙台東署など大型スクリーン活用

特殊詐欺への注意を促すメッセージを映し出したスクリーン

 仙台東署と仙台東地区防犯協会連合会は19日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城のスクリーンを使い、特殊詐欺への注意を呼び掛けた。
 「有料サイトに登録されました」「あなたの口座が悪用されている」など特殊詐欺のキーワードとなる文言が試合開始前のスクリーンに映し出された。「家族で声を掛け合うことで特殊詐欺を根絶しよう」との場内アナウンスも流れた。
 同署によると、夏休み中は、孫と名乗る手口の特殊詐欺の発生や、学生が加害者となる犯罪が増える恐れがあるという。
 楽天野球団の担当者は「宮城に拠点を置く企業として今後もできる限り、犯罪防止の呼び掛けに協力したい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月21日日曜日


先頭に戻る