宮城のニュース

夜空彩る大輪の花 塩釜・みなと祭花火大会で8000発打ち上げ

次々と打ち上がった花火

 塩釜みなと祭前夜祭の花火大会が、宮城県塩釜市の塩釜港であった。東日本大震災前と同規模となる8000発が打ち上げられ、約8万5300人が足を運んだ。
 途中から雨に降られたものの、マリンゲート塩釜周辺には多くの観客が集まり、夜空や海面を彩る大輪を楽しんだ。「ここ数年で一番きれいだ」と喜ぶ観客もいた。
 市塩釜水産青年連合会と塩釜青年会議所などでつくる「ひかりピア塩釜実行委員会」が大会を担当し、14日に開催された。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月21日日曜日


先頭に戻る