宮城のニュース

<楽天>釜田粘投 4回無失点

4回無失点と粘った東北楽天先発の釜田

 東北楽天の先発釜田が発熱の岸の代役として登板。4回を無得点に抑え、最低限の役割は果たした。
 「相手(の先発)は和田さん。1点勝負になると思った。最初から飛ばして抑える」とマウンドに向かった。直球は140キロ後半と力強かった。緩急を駆使して、打者18人から6三振を奪ってみせた。
 ただ、四回までに83球と多投し、この回で降板を告げられた。「一人一人を打ち取るという思いで、長いイニングを投げられるようにしたい」と課題を挙げた。


2019年07月21日日曜日


先頭に戻る