宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台商が攻め勝つ

 高校野球宮城大会第7日は20日、仙台市民球場、石巻市民球場、鹿島台中央野球場で3回戦8試合があり、仙台育英、東北、柴田、大崎中央、聖和学園、名取北、利府、仙台商が4回戦に進んだ。
 21日も3球場で3回戦8試合がある。

 ▽3回戦(鹿島台中央野球場)
仙台商104000030=8
中新田000200000=2

 【評】仙台商が効果的に攻めた。1−0の三回、赤間の中前打、菅原仁の左中間二塁打などで4点を追加。5−2の八回には赤間の2点打などで突き放した。中新田は序盤の失点が最後まで響いた。

 <仙台商・赤間(八回に追加点となる2点左前打)>
 「相手に流れが傾きかけたところで、なんとか1点取りたいと思っていた。粘った結果、打球が三遊間を抜けてくれた。4番の意地だった」


2019年07月21日日曜日


先頭に戻る