宮城のニュース

<高校野球宮城>東北が逃げ切る

 高校野球宮城大会第7日は20日、仙台市民球場、石巻市民球場、鹿島台中央野球場で3回戦8試合があり、仙台育英、東北、柴田、大崎中央、聖和学園、名取北、利府、仙台商が4回戦に進んだ。
 21日も3球場で3回戦8試合がある。

 ▽3回戦(石巻市民)
仙台高専名取000000100=1
東    北11000100×=3

 【評】東北が逃げ切った。一回1死二塁から古山の中前適時打で先制。二回は伊藤の適時打、六回はスクイズでリードを広げた。仙台高専名取は七回に1点を返したが、東北の投手陣を攻め切れなかった。

 <仙台高専名取の川野、好救援>
 仙台高専名取は2年川野が好救援を見せた。四回から七回途中まで投げ、被安打2。それでも第2シード撃破はかなわず「内容より結果が大事。先輩たちを勝たせてあげたかった」と涙を流した。
 チェンジアップやカットボールなど多彩な変化球を低めに集めて要所を締めた。六回のスクイズによる失点は四球がきっかけ。「早く抑えようと焦ってしまった」と悔しがる。「これが今の実力。制球力を磨いて、次はどんな展開でもホームを踏ませない」と雪辱を誓った。


2019年07月21日日曜日


先頭に戻る