宮城のニュース

<高校野球宮城>聖和学園8点圧勝 七回コールド勝ち

迫桜−聖和学園 5回途中まで無安打と好投した聖和学園の角田

 高校野球宮城大会第7日は20日、仙台市民球場、石巻市民球場、鹿島台中央野球場で3回戦8試合があり、仙台育英、東北、柴田、大崎中央、聖和学園、名取北、利府、仙台商が4回戦に進んだ。
 21日も3球場で3回戦8試合がある。

 ▽3回戦(石巻市民)
迫  桜0000000=0
聖和学園203300×=8
(七回コールドゲーム)

 【評】聖和学園がコールド勝ち。一回に畠山の左前適時打などで2点を先取。三、四回は3点ずつ追加した。投げても先発角田が6回無失点と好投。迫桜は5失策と守備が乱れた。

 <先発角田、納得いく投球に笑顔>
 聖和学園は先発角田が6回2安打無失点の好投を見せて快勝。「緊張したが納得のいくボールが投げられた」と笑顔を見せた。
 低めのカーブを決め球に四回まで無安打と完璧な内容。五回は1死一塁から8番岩渕に初球の真っすぐを右越え二塁打にされたが、「点差があったので焦らず投げることを考えた」と後続を冷静に打ち取った。
 昨冬、気持ちの強さを買われて野手から転向。春の地区予選から実戦を重ねて腕を磨いた。「個人よりもチームが勝てばいい」と謙虚だった。


2019年07月21日日曜日


先頭に戻る