宮城のニュース

<楽天>茂木、意地の適時打

茂木栄五郎 内野手

 東北楽天の茂木が1−1の五回、一時勝ち越しとなる右前適時打を放った。先頭ウィーラーの右中間二塁打で好機が生まれたが、下水流、堀内が倒れて2死に。流れが悪くなりかけてからの一打に「何とかしたいと思っていたので、良かった」と振り返った。
 2ボール2ストライクからの5球目。「得点圏だと変化球が多くなる」。先発ミランダが投じたチェンジアップを的確な読みで捉えた。「甘い球を仕留めることができた」と手応えを口にした。


2019年07月22日月曜日


先頭に戻る