秋田のニュース

武者人形威勢よく 秋田・土崎港曳山まつり

男衆に引かれ土崎神明社の境内に入る曳山=秋田市

 港町の衆が勇壮な山車「曳山(ひきやま)」を引きながら練り歩く「土崎港曳山まつり」が20日、秋田市土崎で始まった。人形飾りなどで戦国時代の合戦の様子を再現した各町内による24台の曳山を、地域の総鎮守である土崎神明社に奉納した。
 高さ約4.5メートル、重さは2トンを超えるという曳山を、「土崎衆」と呼ばれる男たちが威勢のよい掛け声を上げながら綱で引いた。
 曳山の上に飾られた武者人形や裸人形は迫力にあふれ、沿道で運行を見守る人々の目を引き付けた。神明社に奉納、参拝した後は地域一帯を引き回した。
 最終日の21日はみこし渡御や各町内会に戻る「戻り曳山」が行われる。


関連ページ: 秋田 文化・暮らし

2019年07月21日日曜日


先頭に戻る