宮城のニュース

<高校野球宮城>古川の千坂 投打に活躍

 高校野球宮城大会第8日は21日、仙台市民、石巻市民、鹿島台中央野球場の3球場で3回戦8試合があり、仙台三、古川、仙台南、東北学院榴ケ岡、松島、仙台、東北生活文化大高、気仙沼向洋が勝ち、16強が出そろった。
 22日は仙台市民、石巻市民両球場で4回戦4試合がある。

 ▽3回戦(石巻市民)
築館100100000=2
古川10000103×=5

 【評】古川は主戦千坂が投打で活躍した。投げては2失点で14三振を奪って完投。打っても八回1死三塁から右越えに勝ち越し二塁打を放った。築館は四回にリードするも、その後は追加点を奪えなかった。

<築館主戦・飯塚「試合楽しめた」>
 築館は主戦飯塚が古川・千坂と互角に渡り合った。右横手から繰り出すスライダーと外角の直球で打ち取る投球がさえた。八回に3失点したものの「緊迫した試合を楽しめた。悔いはない」と振り返った。
 共に県北の公立伝統校。毎年春に定期戦を行っており、千坂とも何度も対戦してきた。「テンポ良くいけたので、今までと同じ組み立てで抑えられるだろうと気持ちが緩んだ」と話す。「精神面を含め全て相手が上だった。自分の分も頑張ってほしい」と思いを託した。


2019年07月22日月曜日


先頭に戻る