宮城のニュース

<高校野球宮城>生文大高 競り勝つ

 高校野球宮城大会第8日は21日、仙台市民、石巻市民、鹿島台中央野球場の3球場で3回戦8試合があり、仙台三、古川、仙台南、東北学院榴ケ岡、松島、仙台、東北生活文化大高、気仙沼向洋が勝ち、16強が出そろった。
 22日は仙台市民、石巻市民両球場で4回戦4試合がある。

 ▽3回戦(石巻市民)

東北生活文化大高
   030100001=5
   000000400=4
仙台西

 【評】東北生活文化大高が接戦を制した。同点の九回1死三塁から関根の三塁線への飛球が、野手の間に落ちる決勝打になった。仙台西は七回に4点を返して追い付いたが、その後は好機をものにできなかった。

 東北生活文化大高・関根(九回に勝ち越し打)「打球が上がり、まずいと思ったが、なんとか落ちてくれた。奇跡の一打だった」


2019年07月22日月曜日


先頭に戻る