宮城のニュース

<高校野球宮城>学院榴ヶ岡 延長制す

黒川―東北学院榴ケ岡 延長11回表東北学院榴ケ岡無死、古内が左越えに勝ち越しソロを放つ

 高校野球宮城大会第8日は21日、仙台市民、石巻市民、鹿島台中央野球場の3球場で3回戦8試合があり、仙台三、古川、仙台南、東北学院榴ケ岡、松島、仙台、東北生活文化大高、気仙沼向洋が勝ち、16強が出そろった。
 22日は仙台市民、石巻市民両球場で4回戦4試合がある。

 ▽3回戦(仙台市民)

東北学院榴ケ岡
   000100014
   000040002
黒  川
   21=9
   20=8
(延長十一回)

 【評】東北学院榴ケ岡が乱打戦を制した。延長十一回先頭古内の左越えソロ本塁打で勝ち越し。そのまま逃げ切った。黒川は九、十回に2度2点差を追い付く粘りを見せていたが、一発に泣いた。

<勝ち越し弾の古内「狙い球捉えられた」>
 東北学院榴ケ岡が延長十一回までもつれた激戦を制した。勝ち越し弾を放った古内は「狙い球をしっかり捉えられた」と満足そうに振り返った。
 2ボールからの3球目。「相手は必ずストライクを取りに来る」。真ん中高めに甘く入った直球を逃さなかった。1打席目で中飛に倒れた反省から、その後はバットを一握り短く持って3安打3打点。「コンパクトに鋭く振り抜けた」と話した。
 チームは2回戦の岩ケ崎戦に続く逆転勝利。「苦しい展開にも耐え、勝ち抜けたことはプラスになる」と語った。


2019年07月22日月曜日


先頭に戻る