宮城のニュース

<高校野球宮城>7回に4得点 仙台が突き放す

仙台二−仙台 7回裏仙台2死一、二塁、大久保が右中間を破る2点三塁打を放ち5−2とする

 高校野球宮城大会第8日は21日、仙台市民、石巻市民、鹿島台中央野球場の3球場で3回戦8試合があり、仙台三、古川、仙台南、東北学院榴ケ岡、松島、仙台、東北生活文化大高、気仙沼向洋が勝ち、16強が出そろった。
 22日は仙台市民、石巻市民両球場で4回戦4試合がある。

 ▽3回戦(石巻市民)

仙台二001100001=3
仙 台00011040×=6

 【評】仙台が七回に畳み掛けた。1死一、三塁から野選で勝ち越すと、大久保の2点三塁打などで3点を追加した。仙台二は打線が四回までに8安打したが、2得点にとどまったのが痛かった。

<仙台打線、終盤に力発揮>
 仙台の打線が終盤に力を発揮した。2−2の七回1死一、三塁から淀川のセーフティースクイズで勝ち越し(記録は野選)。なおも2死一、二塁として好調の大久保が打席へ。「次打者につなごう」。外角の直球を逆らわずにはじき返すと、打球は右中間への三塁打になった。
 2回戦の塩釜戦に続き、序盤にリードを許しながらも追い付いて勝ち越す試合展開となった。貴重な2点打を放った大久保は「今年のチームは勢いに乗って一体感が出てくると、すごい力が出る」と高揚を隠せなかった。


2019年07月22日月曜日


先頭に戻る