宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台南 逃げ切る

 高校野球宮城大会第8日は21日、仙台市民、石巻市民、鹿島台中央野球場の3球場で3回戦8試合があり、仙台三、古川、仙台南、東北学院榴ケ岡、松島、仙台、東北生活文化大高、気仙沼向洋が勝ち、16強が出そろった。
 22日は仙台市民、石巻市民両球場で4回戦4試合がある。

 ▽3回戦(鹿島台中央野球場)

泉松陵000000002=2
仙台南20000300×=5

 【評】仙台南が逃げ切った。一回に1安打で効率よく2点を先取。六回は小山の2点三塁打と寺岡の適時打で加点した。泉松陵は九回、秋藤の適時二塁打などで2点を返す粘りを見せたが届かなかった。

<小山、試合決定づける三塁打>
 仙台南は小山の一振りで勝機をぐっと引き寄せた。2点リードの六回2死一、三塁で初球の外角直球を右中間へ運び、2点三塁打。試合を決める追加点を挙げ「ずっと狙っていた球。意外と伸びた」と笑顔で語った。
 いつも代打の切り札だが、この日は初戦で負傷した文屋の代わりに6番左翼で先発起用された。「先発でも代打でも、出番が来たらしっかり役目を果たしたい」と次戦を見据えた。


2019年07月22日月曜日


先頭に戻る