宮城のニュース

<参院選宮城>仙台・若林区、得票222票誤る 選挙区の開票遅れ全国最後

得票数を誤った若林区選管の開票作業。投票用紙の点検が行われ、開票終了は大幅に遅れた=22日午前6時45分ごろ、仙台市若林体育館

 21日投開票された参院選の宮城選挙区(改選数1)で、仙台市若林区選管は立憲民主党新人の石垣のり子氏(44)、自民党現職の愛知治郎氏(50)の得票数を222票誤って確定し、その後訂正した。投票者数の集計ミスも重なり、開票終了は約5時間半遅れ、22日午前7時前にずれ込んだ。

 宮城県選管によると、宮城選挙区の選管最終は22日午前7時19分。全国45選挙区で最も遅い結果の確定となった。市選管は2014年衆院選以降、市内であった全ての選挙でミスをしており、今回の参院選は「背水の陣」で臨んでいた。
 若林区選管によると、同選挙区の得票数を確定し、段ボール箱に投票用紙を詰めていた午前6時ごろ、集計表に記載した両氏の得票数と、実際の投票用紙の数が違うことに気付いた。
 投票用紙を点検した結果、集計表は石垣氏が223票多く、愛知氏が223票少なかった。さらに、石垣氏が得た点字の1票が、愛知氏の得票に混在していたことも発覚。午前6時34分、県選管に両氏の得票を222票ずつ訂正した。
 審査係の職員が、いったん疑問票とされ、有効と判断した得票を集計表に書き込む際、両氏の記入欄を誤り、チェック役の職員も見逃したという。
 そもそも得票数の確定自体、約3時間半ずれ込んだ。投票所2カ所で投票者数の集計ミスがあったためで、1カ所は有権者が投票せず置いて行った「置き去り票」を投票者にカウントしなかった。もう1カ所は、投票用紙の自動交付機が紙詰まりなどで故障し、一時的に手渡しした投票所で投票者数を足し合わせる際、1人分少なく数え間違えたという。
 投票者数と投票総数が一致せず、開票作業が中断した。集計ミスに気付き、県選管に得票数の確定を報告したのは午前5時5分。区選管は当初、午前1時半ごろの開票作業終了を見込んでいたが、確定得票の誤りも重なり、開票終了を宣言したのは午前6時55分ごろだった。
 区選管の担当者は「あってはならないこと。本当に申し訳なく、痛恨の極みだ」と話している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年07月23日火曜日


先頭に戻る