宮城のニュース

<いぎなり仙台>冷やし中華食うべ![6]ヘルシーエビで豪華に/松島さかな市場(宮城県松島町)

並んだエビと器が目を引く冷やし中華
冷やし中華ののぼりも立つ松島さかな市場

 「シンプルな、オーソドックスな一品ですよ」
 宮城県松島町にある「松島さかな市場」の高橋健太経理課長(33)が気負いなく語る。2階ラーメンコーナーで注文し、出てきたのはレンゲ付きのラーメン丼。値段は860円。「あれれ?」。目を疑ったが、これが店の定番だ。
 存在感のあるエビ3匹をはじめ、麺の上にワカメ、チャーシュー、ゆで卵、トマト、キュウリ、レタス。「エビで豪華な気分に。野菜も多め」と高橋さん。「家族連れのお年寄りを中心に子ども、サラリーマンの注文が目立つ。食べやすく値段も手頃なので」
 1997年に開業後、約15年前から出すメニュー。丼にいざ箸を付けると止まらない。さっぱり味でヘルシー。体に染みるようだ。日本三景・松島は夏場も観光客が多い。海鮮丼やすしが人気の同店でも、暑い日は注文が増えるという。
 冷やしマグロ担々麺もあるが「こちらは冒険タイプ」と高橋さん。ネギトロをトウバンジャンで味付けしたそぼろが特徴だ。ともに6〜9月に提供する。
(松田佐世子)

[松島さかな市場]宮城県松島町松島普賢堂4の10。ラーメンコーナーは午前10時〜午後3時。1階のすし、バーガーの各コーナーも午後3時まで。土産物を扱う店舗全体は午前8時〜午後5時。年中無休。連絡先は022(353)2318。

☆西さんのいいね!

 海を感じるオーシャンビューな味わい。食べた後には思わず「松島や冷やし中華大好きや」と一句読みたくなる?!(代表・西良弘)

 仙台圏の名所や話題を取り上げるシリーズ「いぎなり仙台」。今回は仙台が発祥の地とされる「冷やし中華」をテーマに「仙台冷し中華連盟」の西良弘代表が選んだ個性あふれる品々を紹介します。


2019年07月23日火曜日


先頭に戻る