宮城のニュース

<高校野球宮城>序盤から攻勢 聖和学園大勝

 【評】聖和学園が序盤に畳み掛けた。一回1死満塁から功刀のスクイズや最上の右前適時打などで3点先取。二回に2点を加えて差を広げ、六、七回も加点してコールド勝ちした。大崎中央は8四死球と制球が乱れた。

 ▽4回戦(石巻市民)
大崎中央0000000=0
聖和学園3200011x=7
(七回コールドゲーム)

 ○…主戦庄司陽、7回11Kの快投 聖和学園の主戦庄司陽が7回零封、11奪三振の快投を見せた。圧巻は5−0の四回、伸びのある直球で大崎中央の中軸から3者連続三振。「体重移動やリリースのタイミングがばっちりだった」と満足顔だった。
 打線が序盤に得点を重ねたことで心に余裕があった。三、五回は先頭打者を出しても慌てず「リードしていたのでピンチでも楽しめた」と振り返った。

 大崎中央・伊東(2安打3盗塁と気を吐く)「一打が出ることを信じ、隙があれば次の塁を狙っていた。中学ではあまり試合に出られず野球をやりたくない思いもあったが、高校で成長できて感謝の気持ちでいっぱい」


2019年07月23日火曜日


先頭に戻る