宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台育英、着々加点 利府に5−1

仙台育英−利府 5点を失うも8回を投げきった利府の主戦浅野

 【評】仙台育英がそつなく攻めた。四回に入江の中越えソロ本塁打などで2点先取すると、1点差に迫られた六回は小濃のソロ本塁打などで突き放した。利府は仙台育英と同じ8安打を放つも決定打を欠いた。

 ▽4回戦(石巻市民)
利  府000001000=1
仙台育英00020201×=5

 ○…利府の主戦浅野、強豪相手に最後まで投げ抜く 「悔いはありません」。敗れた利府の主戦浅野に涙はなかった。優勝候補の仙台育英に2本塁打を含む8安打を浴びながらも最後まで踏ん張り、マウンドを守り抜いた。間橋監督も「エースの責任を果たしてくれた」とたたえた。
 四、六回はともに先頭打者に制球の甘さを突かれてソロ本塁打を浴びた。それでも「気持ちだけは負けないようにした」と集中力を切らさず、強豪相手に5失点で粘った。
 登録メンバー全員が3年生。「新チームになって勝てずに悩んだ時期もあったが、みんなできつい練習をしてこういう試合ができた」と仲間に感謝した。

 仙台育英・入江(四回に先制の中越えソロ本塁打)「高めのスライダーを狙った。どんな形でも塁に出たいと思っていたので素直にうれしい」


2019年07月23日火曜日


先頭に戻る