宮城のニュース

<東京五輪まで1年>宮城県庁にカウントダウンボード設置

宮城県庁ロビーに設置されたカウントダウンボード

 東京五輪の開幕まで1年となった24日、五輪とパラリンピックのそれぞれの開会式までの残り日数を示すカウントダウンボードが宮城県庁1階のロビーに設置された。パラリンピック閉幕まで置かれる。
 各ボードは高さ1・8メートル、幅0・9メートル。五輪マスコット「ミライトワ」、パラリンピックマスコット「ソメイティ」が描かれている。除幕式で村井嘉浩知事は「五輪は東日本大震災からの復興を世界中に発信する絶好の機会。元気な宮城を伝えたい」と期待した。
 宮城県内では、利府町の宮城スタジアムで男女サッカー競技が行われる。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年07月24日水曜日


先頭に戻る