宮城のニュース

宮城・亘理の地域FM夏休み企画 子どもたち出演、初回は小6男子2人 学校紹介し歌披露

志賀君(右)のギター演奏に合わせて歌を歌う遠藤君

 宮城県亘理町を放送エリアとするコミュニティー(地域)放送局「FMあおぞら」(周波数79・2メガヘルツ)が夏休み期間中、地元の子どもたちにパーソナリティーを務めてもらう特別番組を生放送している。
 初回の21日は亘理小6年の遠藤陽貴(はるき)君(11)と志賀俊太君(11)が出演した。学校紹介の後、遠藤君の歌と志賀君のギターで「明日があるさ」を披露。早口言葉や絵の内容を言葉で説明する課題にも挑戦した。
 「町内に笑顔を届けられたかな」と遠藤君。志賀君は「とても緊張したけど出演して良かった」とほっとした様子だった。
 FMあおぞらの出演者募集に、小学2年生から中学3年生まで男女18人から応募があった。8月25日まで土日計8回、午後2時から放送する。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年07月24日水曜日


先頭に戻る