宮城のニュース

<参院選宮城>「国政に声反映」石垣氏、決意新た 県選管が当選証書を交付

伊東委員長から当選証書を受け取る石垣氏

 県選管は24日、参院選宮城選挙区(改選数1)で初当選した立憲民主党の石垣のり子氏(44)に当選証書を交付した。
 県庁であった交付式で、県選管の伊東則夫委員長が「県民の期待は大きい。東日本大震災の復興完遂のため、職責に果敢に取り組んでほしい」と述べ、証書を手渡した。
 自民党現職との接戦を9498票差で制した石垣氏は「宮城の声をどのように国政に届けるかという意気込みで胸が熱くなっている。初心を忘れず、県民の代弁者として取り組んでいきたい」と語った。


2019年07月25日木曜日


先頭に戻る