宮城のニュース

<楽天>松井が宿敵抑える

 東北楽天の松井が4−3の九回に登板し、無失点で切り抜けて26セーブ目を挙げた。ヤマ場は無死一塁で迎えた代打メヒア。今季2本の本塁打を許している助っ人外国人に149キロの直球で真っ向勝負して一邪飛に打ち取った。「今年やられていた相手なので強い気持ちを持って投げた」。リベンジを果たしホッとした様子だった。
 視察に訪れていた野球日本代表の稲葉監督の前で好投。それでも「これでアピールにはならない。チームに勝ちを付けられる投球の先に(東京五輪出場が)見えてくる」と冷静だった。


2019年07月25日木曜日


先頭に戻る