岩手のニュース

「盛岡産アロニア」飲んでおいしく ソーダとラテ、ご当地ドリンク発売

新発売のアロニアソーダ(左)とアロニアラテ

 JR盛岡駅ビル「フェザン」を運営する盛岡ターミナルビル(盛岡市)は、地元で栽培されている北米原産の果実「アロニア」を使ったご当地ドリンクを発売した。市内でカフェなどを展開する合同会社SASと共同開発した。
 アロニアは酸味や渋味の強いブルーベリーに似た果実で、目の疲労回復に効果があるとされるアントシアニンを豊富に含む。ソーダ味は渋味を効かせてすっきり仕立て、ラテ味は渋味を牛乳で抑えて深みを醸し出した。
 SAS代表の沢風光行さん(37)は「地場産業を盛り上げないと岩手も盛り上がらない。お土産などで買ってもらい、岩手の魅力を伝えたい」と話す。
 ソーダは562円、ラテは583円。フェザン内のカフェ「アーロンコーヒー&ビアスタンド」で販売する。


関連ページ: 岩手 社会

2019年07月25日木曜日


先頭に戻る