広域のニュース

東北のガソリン価格は横ばい 22日現在

 資源エネルギー庁が24日発表した東北のレギュラーガソリン平均小売価格は22日現在、1リットル当たり144円50銭で前週と変わらなかった。
 全国は20銭高い145円80銭で2週ぶりの値上がりだった。岩手、宮城、秋田など25都県が値上がり、山形など6府県が横ばい、青森と福島を含む16道府県が値下がりとなった。宮城は全国で最も安かった。
 石油情報センターによると、原油価格は中東情勢の緊迫化が上昇要因、米中貿易摩擦など経済減速懸念が下落要因となってせめぎ合いが続く。小売価格の動きは小幅で地域によってばらつきも出ている。次週は小幅な値上がりを見込む。
 東北のハイオク価格は前週と同じ155円50銭、軽油は20銭高い126円30銭、灯油は店頭が1円安い1560円、配達が1円高い1676円だった。


関連ページ: 広域 経済

2019年07月25日木曜日


先頭に戻る