宮城のニュース

聖ドミニコ学院 来年度から中学共学化

 学校法人聖ドミニコ学院(仙台市青葉区)は、2020年度から中学を男女共学化する。経営する幼稚園と小中学校が共学、高校のみが女子校となる。オープンキャンパスを27日と8月24日に実施する。
 カトリックの教えに基づく建学の精神を9年間の義務教育で定着させる狙いに加え、男子児童の保護者からも要望があった。小中の連携を強化し、男女とも進学しやすい環境を整える。
 高校共学化は現時点では未定。小笠原朋之理事長は「中学共学化は試金石。来年度の様子を見ながら検討する」と話す。
 中学校は1981年から生徒の募集を停止していたが09年に再開した。生徒の多くが聖ドミニコ学院高に進学する。高校のカリキュラムの前倒しなどはせず、公立高受験希望者に柔軟に対応しながら英語教育の充実をアピールする。
 剣道部の活動に力を入れており、小学5、6年時に剣道の大会で優秀な成績を収めた児童を対象に「スポーツ奨学生入試」も行っている。
 男子の冬用制服は濃紺のブレザータイプ、夏用はチェック柄のズボン。来年度の募集定員は男女合わせて30人。詳しい募集要項は8月末に公開する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月26日金曜日


先頭に戻る