宮城のニュース

石巻市・桃生町の紅茶「キタハ」、G20で各国首脳癒やす 生産の日野さんが知事に報告

試飲する村井知事と、開発した日野社長(右)と朱夏さん(中央)

 宮城県石巻市桃生町産の茶葉を使った東北初の国産紅茶「kitaha(キタハ)」が大阪で6月にあった20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)で各国首脳らに提供された。開発、生産する同市の日本茶専門店「お茶のあさひ園」の日野雅晴社長(63)は「大変名誉なこと」と喜んでいる。
 キタハは6月28日夜の夕食会で、食後の飲み物として出された。飲料を監修した日本ソムリエ協会の田崎真也会長が選んだ。夕食会後に外務省がメニューを公表したが、同29日に来店客からの問い合わせで分かった。田崎会長からは後日電話で「味と香りが一番良かった」と伝えられた。
 日野社長と、次女であさひ園の日本茶アドバイザーの朱夏(あやか)さん(27)が25日に県庁を訪れ、村井嘉浩知事に報告。朱夏さんは「東日本大震災で被災した石巻を元気にしたいと開発した。思いが報われてうれしい」と笑顔で語った。
 試飲した村井知事は「深みがあり甘さを感じる。芳醇(ほうじゅん)な香りも良く、一流の紅茶だ」と評した。
 キタハは日野社長が2014年から3年がかりで開発。東北初の国産紅茶で17年6月に発売した。同市桃生町の鹿島茶園で茶葉を摘み取り、鮮度が落ちないうちに静岡県の加工場に車で運び、発酵させている。
 茶葉(20グラム入り)、ティーバッグ(5個入り)とも税別500円で販売している。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月26日金曜日


先頭に戻る