宮城のニュース

若者の視点生かし新マップ 仙台・八幡町商店街ファンコミュニティ

完成した新マップと、自分たちで取材した「八幡プレス」を眺める聖ドミニコ学院の生徒ら

 八幡町商店会(仙台市青葉区)の加盟店や市民らでつくる「八幡町商店街ファンコミュニティ」が、加盟店の情報を載せた地図を作製した。裏面では地元の中学・高校の生徒による取材記事を紹介し、手作り感あふれる仕上がりになった。

 2016年作製の旧マップをリニューアルした。A3判二つ折りで、商店会に加盟する33店の情報に加え、高齢者らのために配達サービスも案内している。
 裏面は「八幡プレス」と題し、尚絅学院高や聖ドミニコ学院中、仙台一中の生徒らが取材した地域の紹介記事を全32種類作った。「各商店の魅力を八幡に通う生徒の視点で紹介してもらった」とコミュニティの星聡会長(54)は話す。
 中3当時に携わった聖ドミニコ学院高1年相原亜沙美さん(15)は、食料品店「佐藤商店」の取材を担当。「店内のワインセラーなど驚きがたくさんあった」と振り返る。
 新マップは7月末から八幡町商店会の加盟店などで配布する。連絡先は同コミュニティ070(5620)4714。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月26日金曜日


先頭に戻る