秋田のニュース

西馬音内盆踊りの美写す 来月末まで秋田・羽後で展示会

西馬音内盆踊りの魅力を伝える写真展

 毎年8月16〜18日に秋田県羽後町で行われる国指定重要無形民俗文化財「西馬音内(にしもない)盆踊り」の様子を捉えた写真展が、町内の西馬音内盆踊り会館で開かれている。8月31日まで。
 宮城、秋田両県のアマチュア写真家でつくる「西馬音内盆踊り・藍と端縫(はぬ)いまつり撮影有志会」の主催。会員ら11人が昨年までに撮影した27点を展示している。盆踊りは、顔を頭巾で覆った踊り手の姿が独特の雰囲気を醸し出す。
 写真展は昨年に続き2回目。有志会の氏家芳雄代表(仙台市泉区)は「暗い夜の撮影で技術的に難しいが、会員間で腕を磨き、今年も挑戦して来年また発表したい」と話す。
 午前9時〜午後5時。月曜休館。入場無料。連絡先は西馬音内盆踊り会館0183(78)4187。


関連ページ: 秋田 社会

2019年07月26日金曜日


先頭に戻る