宮城のニュース

<楽天>復活を期す由規1回無失点 支配下登録今月末期限、状態の良さ維持

八回に2番手で登板し、1回無失点だった由規

 東北楽天の由規が26日、イースタン・リーグの日本ハム戦(宮城県利府町)に登板し、1回を無得点に抑えた。7月末の支配下登録の期限が迫る中、状態の良さを維持する右腕は「3人で終われて良かった。与えられたチャンスをものにしていきたい」と語った。
 6−1の八回に2番手で登板した。わずか3球で打者2人を三ゴロ、一飛に打ち取った。続く4番横尾は追い込んでからファウルで粘られたが、6球目のスライダーで空振り三振に仕留めた。この日の最速は148キロだった。
 イースタンでの登板は7試合目で計12回を投げて無失点と好投を続けている。由規は「直球は球威でファウルにできている。ボールも操れているので、あとは細かいコントロールを突き詰めたい」と話した。
 月内の2軍戦は残り4試合となった。復活を期す右腕は「いい緊張感の中で投げられている。しっかり準備し結果を残し続けていきたい」と支配下登録へ意欲を見せた。


2019年07月27日土曜日


先頭に戻る