宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台育英 大量10点 6回に均衡破り勢い

仙台育英―東北学院榴ケ岡 6回表仙台育英2死二塁、千葉が右前適時打を放った

 高校野球宮城大会第13日は27日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で準決勝2試合があり、仙台育英と東北が決勝に進んだ。
 仙台育英は10−0で東北学院榴ケ岡を下した。中盤までは先発鴻巣を打ちあぐねたが、六回に小濃の犠飛などで2点を奪うと、その後も着実に加点して突き放した。
 仙台育英−東北の決勝は28日、同球場で午後1時から行われる。

 ▽準決勝
仙台育英
   000002116=10
   000000000=0
東北学院榴ケ岡

 【評】仙台育英が後半畳み掛けた。六回1死一、三塁から小濃の犠飛と千葉の右前適時打で2点を先取。七回は中里の犠飛、八回は木村の中前打で加点すると、九回は6得点で試合を決めた。東北学院榴ケ岡は好投していた先発鴻巣を打線が援護できなかった。

 五回まで仙台育英はわずか1安打。東北学院榴ケ岡先発左腕の鴻巣に完璧に封じられてきた。流れが変わったのは六回。1番から始まる3巡目の攻撃で、打線が火を噴いた。
 中里は高めに抜けたスライダーを捉えて左中間を破って三塁打に。1死後、入江が死球で歩かされて一、三塁とすると、4番小濃の左飛で均衡を破る。なおも2死二塁として打席には千葉。「内角は捨てると決めていた」。外角のスライダーを逆らわずに右前に運び2点目を挙げた。
 鴻巣は外角球の出し入れが巧み。試合前日は配球パターンを研究して打ち込んできたが「思っていた以上に制球が良かった」(須江監督)。だが、中盤になってわずかに甘くなったところを見逃さなかった。
 初戦の2回戦こそコールド勝ちしたものの、その後は4、5、3得点。打線が湿っているとまでは言えないが、好投を続けてきた投手陣の方が目に付く戦いぶりだった。決勝を前にしての大量得点。チームが勢いづかないわけがない。
 「最後は打線がいいところを見せて頂点をつかみたい」と千葉主将。3連覇へ向け順風が吹き始めた。(大谷佳祐)

◎学院榴ヶ岡 主戦鴻巣、相手たたえる

 東北学院榴ケ岡の主戦左腕鴻巣は六回に捉えられた。「さすが仙台育英。しっかり打撃を修正してきた」と相手をたたえた。
 五回までわずか1安打。直球に力があり、スライダーも切れて仙台育英打線を封じた。中盤から変化球を増やしたが、六回は先頭中里の三塁打から2点を失った。「配球を工夫したつもりだったが、対応されてしまった」と悔やんだ。
 6月末の練習試合で股関節を痛めた。本調子ではなかったが、初戦の岩ケ崎戦で完投するなど4年ぶりの4強に大きく貢献した。今後は東北学院大に進み野球を続ける予定で「この悔しさを胸に刻み、大学でさらに成長したい」と語った。


2019年07月28日日曜日


先頭に戻る