岩手のニュース

宮沢賢治の世界 幻想的にライトアップ 花巻・童話村

「どんぐりと山猫」をモチーフにしたオブジェのライトアップ=27日午後7時ごろ、花巻市

 岩手県花巻市の宮沢賢治童話村で27日、賢治の作品世界をイメージしたライトアップが始まった。「銀河鉄道の夜」「ポラーノの広場」などをモチーフにしたオブジェ91体が設置され、幻想的な世界を創り出している。
 賢治生誕120周年を記念して2016年に始まり、制作、展示はアート集団「ミラーボーラー」が手掛ける。写真共有アプリ「インスタグラム」などで話題となり、昨年は約2万5000人が訪れた。
 北上市の会社員男性(25)は「宮沢賢治の世界観にマッチしていて素晴らしい」と見入っていた。
 11月10日まで週末を中心に開催し、点灯は日没から午後9時。入場無料。市と花巻商工会議所などでつくる実行委員会が主催する。


関連ページ: 岩手 文化・暮らし

2019年07月28日日曜日


先頭に戻る