宮城のニュース

チアとダンサー、東北の1200人集結 仙台でフェス

笑顔で踊る子どもたち

 東北6県で活動するチアリーダーやダンサーが集結する「東北チアフェスティバル」が28日、仙台市太白区のゼビオアリーナ仙台であった。チアダンスチームを中心に、バトンチームやヒップホップダンスチームなど約1200人が参加した。
 一般団体の部では、小学生のチームなどが元気良くダンスを披露。競技団体の部には高校生や社会人のチームなどが出演し、日頃の練習の成果を見せたほか、審査員からアドバイスも受けた。プロスポーツチアやゲストダンサーによるパフォーマンスもあった。
 参加した常盤木学園2年叶内理子さん(17)は「たくさんの人の前で緊張した。東北からいろいろなダンスを踊る人が集まり、とても勉強になった」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月29日月曜日


先頭に戻る