宮城のニュース

日差しジリジリ 仙台で34.4度 蔵王、大衡は猛暑日に

強い日差しが降り注ぐ中、汗を拭う会社員=29日午前10時35分ごろ、仙台市青葉区中央2丁目

 29日の宮城県は高気圧に覆われて晴れ、22の観測地点全てで最高気温が30度を超える真夏日となり、仙台市中心部では午前10時すぎ、今年最高となる34.4度を観測した。一方、福島県などで雨の予報があり、東北南部の梅雨明けは見送られた。
 連日の蒸し暑さは、張り出した太平洋高気圧や台風6号から変わった熱帯低気圧から暖かく湿った空気が流れ込んだため。
 仙台管区気象台によると、蔵王(35・4度)と大衡(35・1度)で猛暑日となった。午後4時までの各地の最高気温は築館34・8度、丸森と桃生34・5度、志津川34・3度など。
猛暑日に近い暑さとなった仙台市中心部では、通行人が日傘を差したり、汗を拭ったりしながら歩いていた。
 気象台によると、県内は30日も高気圧に覆われて曇りや晴れとなり、気温も高くなる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月29日月曜日


先頭に戻る