宮城のニュース

<楽天>プロ初アーチの山崎、攻守ではつらつ

山崎剛選手

 東北楽天の山崎が2−3の六回、左越えに同点ソロを放った。プロ初本塁打に「ホームランを1軍で打ってみたかった。打った瞬間いったと思った」と喜んだ。
 2番手東妻の3ボール1ストライクからの154キロをはじき返した。「大振りにならずコンパクトに自分のスイングができた」と振り返った。
 この日は不慣れな三塁の守備でも三塁ベンチに飛び込みそうなファウルボールを好捕するなど攻守ではつらつとしたプレーを見せた。「使ってもらっているからには打つことも守ることも走ることも全部アピールしたい」と山崎。平石監督は「攻走守にいい姿でやっている」と目を細めた。


2019年07月29日月曜日


先頭に戻る