宮城のニュース

いぎなり猛暑 東北南部が梅雨明け

梅雨明けした青空の下、咲き誇るヒマワリ=30日午前10時35分ごろ、仙台市宮城野区新田4丁目

 仙台管区気象台は30日、宮城、山形、福島3県の東北南部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より5日、昨年より16日遅い。平年より5日早かった6月7日の梅雨入りから54日目。長い梅雨がようやく終わり、夏本番を迎えた。
 この日の東北南部は、高気圧に覆われておおむね晴れ、今後1週間も晴れる日が多い見込み。宮城県内は朝から気温が上昇し、正午現在の最高気温は、仙台が33.5度と5日連続で最高気温が30度を上回る真夏日となったほか、丸森が35.0度で猛暑日となった。
 仙台市宮城野区新田4丁目の道路脇では、さんさんと降り注ぐ陽光の下、ヒマワリが大輪の花を咲かせていた。
 青森、岩手、秋田3県の東北北部は曇りや雨の所が多く、30日の発表は見送られたものの、間もなく梅雨明けするとみられる。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月30日火曜日


先頭に戻る