宮城のニュース

<南部九州インターハイ>ソフトボール女子/生文大高、3回戦進出

女子ソフトボール2回戦 聖カタリナ学園―東北生活文化大高 完封した東北生活文化大高の藤田

 第3日は29日、沖縄県などで行われ、ソフトボール女子で東北生活文化大高が聖カタリナ学園(愛媛)に1−0で競り勝ち3回戦に進出した。
 サッカー女子は聖和学園が帝京大可児(岐阜)に2−0の快勝で、準決勝へ駒を進めた。バスケットボール男子の明成は82−71で飛龍(静岡)を下し3回戦へ、女子の明成は2回戦で札幌山の手(北海道)に敗れた。フェンシング女子エペは松岡彩奈(仙台二)が準々決勝で敗退した。

(日向市お倉ケ浜総合公園野球場ほか)
 ▽女子2回戦
東北生活文化大高 1―0 聖カタリナ学園(愛媛)

 ○…主戦藤田が4安打完封 女子ソフトボール2回戦で、東北生活文化大高(宮城)が聖カタリナ学園(愛媛)との接戦を制して3回戦進出を決めた。
 主戦藤田は4安打完封。最大のピンチは七回。2死から初めての長打を浴び、得点圏に走者を背負ったが「悪いことを考えず楽しもう」。自慢の直球で押して後続を打ち取った。16強入りに「まだまだ通過点。勝ち進んでチームの歴史を作りたい」と意気込んだ。


2019年07月30日火曜日


先頭に戻る