宮城のニュース

不登校の対応、「学校が主体で」 仙台で研究会

学校が果たす役割の重要性を語る花輪氏

 不登校となった生徒への支援について考える研究会が29日、仙台市泉区の仙台白百合学園中高であり、県内外の教員や養護教諭ら約60人が参加した。
 発達障害や不登校の調査、教員の研修などに取り組むFR教育臨床研究所(天童市)の花輪敏男所長が基調講演した。
 花輪氏は「支援の目標は生徒を学校に復帰させることだ」と強調。家族以外の他者と共に活動し、自主性を身に付けることが復帰の原動力になると強調した。
 生徒への対応は学校が主体との見解を示し「不登校の現場は学校、教師は当事者。専門機関から技術を学び、家庭との信頼関係を築くべきだ」と語った。
 研究会は仙台白百合学園高通信制課程が開き、今年で2回目。2014年に始まった通信制課程の取り組みも紹介され、阿部和彦教頭は「自分の居場所を見つけて自尊感情を得ると、生徒たちは意欲を取り戻せる」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年07月31日水曜日


先頭に戻る