広域のニュース

東北南部、「やっと梅雨明け」 本格的な夏始まる

梅雨が明け、子どもたちでにぎわうプール=30日午前11時40分ごろ、宮城県大和町のベルサンピアみやぎ泉

 仙台管区気象台は30日、宮城、山形、福島3県の東北南部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より5日、昨年より16日遅い。平年より10日ほど長かった梅雨がようやく終わり、本格的な夏が始まった。
 この日の東北南部は、高気圧に覆われて晴れわたり、気温がぐんぐん上昇。福島県石川36.2度、福島35.8度、宮城県丸森35.0度など6地点で最高気温が35度を超す猛暑日となり、山形(34.9度)と仙台(33.5度)は真夏日だった。
 気象台は「冷房を適切に使い、小まめな水分補給を心掛けてほしい」と熱中症に注意を呼び掛けている。
 青森、岩手、秋田3県の東北北部は、間もなく梅雨明けするとみられる。


関連ページ: 広域 社会

2019年07月31日水曜日


先頭に戻る