広域のニュース

東北北部が梅雨明け 平年より3日、昨年より12日遅く

 仙台管区気象台は31日、青森、岩手、秋田3県の東北北部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より3日、昨年より12日遅かった。梅雨のない北海道を除き、全国で梅雨が明けた。
 この日の東北北部は太平洋高気圧に覆われて晴れ渡り、今後1週間も晴れる日が多い見込みであることから梅雨明けと判断した。
 30日に梅雨明けした仙台では正午現在の最高気温が35・9度となり、今年初の猛暑日となった。
 東北はしばらく高温が続く見通し。気象台は水分や塩分の補給、冷房の適切な使用など熱中症への対策を呼び掛けている。


関連ページ: 広域 社会

2019年07月31日水曜日


先頭に戻る