宮城のニュース

<高級食パン>口溶け食感特徴 「考えた人すごいわ」仙台店オープン

魂仕込(左)と宝石箱

 コッペパン専門店や飲食店を営むオーネスティグループ(埼玉県所沢市)は1日、仙台市青葉区本町に高級食パン専門店「考えた人すごいわ」を開く。東京、横浜に次ぐ3号店。
 看板商品の「魂仕込(こんじこみ)」(2斤800円)は「まるでケーキのよう」とうたう口溶けの良さとほのかな甘味が特徴。厳選した小麦粉や国産バター、岩手県野田村産の自然海塩「のだ塩」などを使っている。
 店を手掛けたベーカリープロデューサー岸本拓也さんは「毎日食べても飽きず、手土産にもなる。みずみずしく口の中で溶ける食感は他にはない」と説明。グループの大舘誠社長は「仙台は創業の地で思い入れがある。おいしいパンを提供したい」と話した。
 マスカットレーズンを練り込んだ「宝石箱」(2斤980円)も今月末ごろに発売する予定。
 大舘社長は飲食チェーン勤務を経て1997年に独立開業し、仙台市太白区のザ・モール仙台長町にグループ1店目となる洋食レストランを開いた。
 営業時間は午前9時〜午後8時。売り切れ次第終了。不定休。連絡先は022(748)5056。


関連ページ: 宮城 経済

2019年08月01日木曜日


先頭に戻る