宮城のニュース

<いちおし土産>爽やかな酸味 3種類/レモンドーナツ HOBA HOUSE(仙台市若林区)

レモン(手前)、ミルクレモン(右奥)、レモンチョコ(左奥)の3種の食べ比べも楽しい

 一口かじると、爽やかな香りと酸味が一気に広がる。グレーズ(糖衣)をまとったシンプルな見た目からは意外なほど、果実感がしっかりと主張する。
 「香料ではなく、国産のレモンそのもので勝負し、食べてはっきり分かるようにしている」と店主の五十嵐睦彦さん(52)。レモンが好きで看板商品を考案し、昨年12月に店を開いた。
 イーストで発酵させた生地はもっちりとした食感。独自配合の油で揚げ、油っこさを感じさせない。2、3個食べられるよう小ぶりに仕上げている。
 レモンのドーナツは他に2種あり、ホワイトチョコをかけた「ミルクレモン」は、より菓子らしい優しい味わい。「レモンチョコ」はフレッシュレモンソースを使い、がつんと酸っぱい。新たな商品も考案中だ。
 店名は圃場から。県外でレモン栽培も手掛けており、力を入れたいという。

[メモ]1個240円。他のドーナツを含め1日60〜70個の販売で、予約不可。レモンスパークソーダなどの飲み物もある。カウンター5席で飲食も可。営業時間は午後1〜5時。火・水曜定休。仙台市若林区二軒茶屋17の41。連絡先は022(781)6121。


関連ページ: 宮城 経済

2019年08月01日木曜日


先頭に戻る