宮城のニュース

アルプホルンに挑戦 高原の涼やかな音色のはずが…汗だくに

 ◇…真夏の住宅地にアルプスの響きがこだました。仙台市泉区の将監西町内会が地区の公園で開いた夏祭りに、スイス伝統のアルプホルンが登場した。
 ◇…長さ約3.6メートルという長大な楽器は抜群の存在感。ともに元東京交響楽団ホルン奏者の梅田学さん(73)と冨成裕一さん(64)が「吹いてみたい?」と子どもたちに問い掛けると、次々に手が挙がった。
 ◇…牧歌的で涼やかな音色だが音を出すのはこつが要るといい、みんな大変そう。汗だくになってひとときのスイス体験を楽しんだ。(富谷)


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月01日木曜日


先頭に戻る