宮城のニュース

<特殊詐欺>93歳男性が100万円被害 宮城・白石

 白石署は31日、宮城県白石市の無職男性(93)が特殊詐欺でキャッシュカード1枚をだまし取られたと発表した。同署によると、31日午前10時半ごろ、男性宅に電話が数回あり、内容を聞き取れずにいたところ、警察官を名乗る男が来て「カードと暗証番号を書いた紙を渡してください」と言われた。男性は事件捜査に使うと思い込み、カードと暗証番号を書いた紙を渡した。不審に思った男性が警察に相談し、現金100万円が引き出されていることに気付いた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月01日木曜日


先頭に戻る