宮城のニュース

<楽天>浅村復調、攻守に元気 九回ポール直撃「完璧な当たりになった」

9回東北楽天無死、浅村が右越えに本塁打を放つ

 東北楽天の浅村が攻守でチームの勝利に貢献した。打撃では2打点の活躍。一回は有原のツーシームを中前にはじき返す先制打を放った。2−1の九回は3番手井口の変化球を捉え、右翼ポールを直撃するソロ。貴重な追加点をもたらした。
 二塁の守備では、1点リードの七回2死二塁、打者は中田の場面で経験を生かした。「引っ張ってくるか、センターラインかのどっちか」と考え、守備位置を調整。読み通り、二塁ベース付近へ転がった打球を好捕し、踏ん張りながらの一塁送球で間一髪アウトにした。
 本来の調子が戻ってきた主砲は「一回はまず先制をと考えて、打席に入った。九回は後ろにつなぐ意識だったが、完璧な当たりになった」と胸を張った。


2019年08月02日金曜日


先頭に戻る