岩手のニュース

「サッコラ」の掛け声街包む 盛岡さんさ踊り開幕

見物客を魅了した息の合った手踊りと太鼓の披露=1日午後6時10分ごろ、盛岡市中央通

 東北に夏祭りシーズンの到来を告げる「盛岡さんさ踊り」が1日、開幕した。夏本番を迎えた盛岡の日中の最高気温は33.0度。日暮れとともにリズミカルな和太鼓の響きと「サッコラ(幸よ来い)」の掛け声が街を包んだ。
 パレードは午後6時、「ミスさんさ踊り」の5人を先頭に岩手県公会堂前をスタート。そろいの浴衣をまとった踊り手たちが、観光客で埋め尽くされた沿道約1キロを練り歩いた。
 パレードには期間中、253団体、約3万5500人が参加し、約133万人の来場を見込む。市内各所では観光客も参加できる輪踊りが繰り広げられた。最終日の4日は各団体の太鼓が勢ぞろいして群舞を披露する。


関連ページ: 岩手 社会

2019年08月02日金曜日


先頭に戻る