山形のニュース

インスタ映えする「湯上がりのかき氷」 天童温泉の旅館が4日発売 仙台圏の女性客ターゲット

お薦めの組み合わせは(左から)アカスグリとピスタチオ、サクランボのピューレとカマンベールチーズ

 天童温泉(山形県天童市)の旅館「湯坊いちらく」が4日、自社で栽培、製造する果実やサクランボのピューレを使ったかき氷「かまくら」を発売する。主に仙台圏から訪れる30、40代の女性客を狙って「インスタ映えする湯上がりのかき氷」としてアピールする。
 天童市の老舗「赤塚製氷」の氷を山のように盛り、地元で「蔵王すぐり」と呼ばれるアカスグリのソース、または山形県特産サクランボのピューレをかける。ピスタチオ、カマンベールチーズのいずれかを加えた4パターンから選べる。入浴セットは2200円(かき氷単品1200円)。
 かまくらは通年で提供する。連絡先は、いちらく023(654)3311。


関連ページ: 山形 経済

2019年08月02日金曜日


先頭に戻る