宮城のニュース

川崎町長選 4日に投開票

 任期満了に伴う川崎町長選は4日に投票が行われ、即日開票される。立候補しているのは、ともに無所属で、通算3期目を狙う前町長の佐藤昭光氏(71)と3選を目指す現職の小山修作氏(61)。2011年の前々回と同じ顔触れの一騎打ちとなっている。
 佐藤氏は、情報公開や職員の人材活用など現町政の姿勢を批判。「入札結果などを全てオープンにして、必ずクリーンな町政にする」と訴える。
 小山氏は、県内自治体で最も早く小中学校にエアコンを導入した実行力などを強調。「3期目は交流の核となる道の駅を整備する」と主張する。
 投票所は15カ所で、投票時間は午前7時〜午後7時(笹谷、青根、本砂金地区は午後6時まで)。開票は午後8時に町山村開発センターで始まり、大勢判明は午後9時半ごろの見通し。7月29日現在の有権者は7682人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年08月03日土曜日


先頭に戻る