宮城のニュース

「こども食堂」支援、アサヒ飲料東北支社が総額192万円寄付 

田村常務理事(左)に目録を手渡す谷川支社長

 アサヒ飲料東北支社(仙台市)は、社会福祉法人中央共同募金会(東京)の「赤い羽根福祉基金」を通じて、東北6県の「こども食堂」計12カ所に総額192万円を寄付した。
 同社による寄付は2年目。宮城県分の助成贈呈式が7月30日、仙台市青葉区であり、谷川一幸支社長は「東北の子どもたちの健やかな成長につながってほしい」と述べた。目録を受け取った県共同募金会の田村武暢常務理事は「東日本大震災で被災した子どもたちを支える力にもなるはずだ」と話した。
 寄付金は、同社が3、7月に行った「三ツ矢サイダー」と「カルピス」の試飲販売活動で得た売り上げの一部。寄付先は宮城県塩釜、名取両市など6県各2カ所。


2019年08月03日土曜日


先頭に戻る