宮城のニュース

<マイナビ仙台>MFマラダとFWカブラル、外国人2人加入が内定

ジョーダン・マラダ
ミレイニ・カブラル

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースは2日、米・LAギャラクシーからMFジョーダン・マラダ(27)=170センチ、61キロ=とFWミレイニ・カブラル(21)=164センチ、57キロ=の加入が内定したと発表した。5日に仙台市内で加入会見を行い、メディカルチェックを経て正式契約する。
 米国出身のマラダは基本技術が高く、安定したパスやドリブルが持ち味。ボランチやサイドハーフをこなす。ブラジル出身のカブラルは得点能力の高いストライカー。ドリブル突破に優れるほか、遠めの位置からでも積極的にシュートを狙う。
 クラブを通じ、マラダは「愛するサッカーに全てを注ぎ、チームの勝利に貢献できるよう頑張る」、カブラルは「ゴールを多く挙げ、チームの勝利に貢献できるよう力の全てを出し尽くしたい」とそれぞれコメントした。


2019年08月03日土曜日


先頭に戻る