宮城のニュース

<ベガルタ>長沢完全合流、復調アピール 7戦ぶりのゴール狙う

 「たいしたけがでなくて良かった」。前々節の鹿島戦で左足を痛めて途中退場した長沢が、笑顔で復帰戦を待つ。もも裏に強い張りを感じたが、幸いにも肉離れなど大事には至らなかった。磐田戦に向けた練習から完全合流。「良い感じで休めて疲労が取れた。楽しくサッカーできている」と復調をアピールした。
 チームは3戦連続で無得点中。攻撃に元気がないだけに、チームトップタイの4得点のストライカーの復帰は心強い。背番号38は「一つ一つのプレーの質を高めないと夏場の戦いは厳しい」と指摘。範を示すため、7戦ぶりのゴールを狙う。


2019年08月03日土曜日


先頭に戻る